logo
屈折矯正手術について
屈折矯正手術とは
近視・遠視・乱視
PRK・レーシック手術
ウェーブフロントレーシック
説明会のご案内
費用について
よくある質問
白内障手術について
日帰り白内障手術について
費用について
当院のご案内
沿革と医師紹介
診療時間と予約
当院までの経路
 
 
  よくある質問  
 
 
患者様からよく質問される項目をまとめました。手術方法によりレーシックとPRKでは、答えが変わる場合がありますので、詳しくは医師と十分な相談をされることをお勧めします
Q1 手術時間はどれくらいかかりますか。
Q2 手術は痛みを伴いますか。
Q3 手術後、どのくらいで視力が回復しますか。
Q4 メガネやコンタクトレンズはいらなくなるのでしょうか。
Q5 手術後、併発症が起こることはありますか。
Q6 どのくらいの期間で、仕事に復帰できるでしょうか。
Q7 スポーツは、いつからできますか。
Q8 両眼を同時に手術することはできますか。
Q9 目の手術ということで安全性が心配です。
Q10 手術後に通院は必要ですか。
Q11 乱視も矯正できますか。
Q12 費用はどのくらいかかりますか。
Q1
A1 近視の程度にもよりますが、片眼約10分です。
Q2
A2 点眼麻酔を行いますので、手術による痛みはほとんどありません。手術当日はある程度の痛みがある場合もありますが、翌日には殆どありません。PRKの方がレーシックより痛みが強い傾向があります。
Q3
A3 手術直後からある程度視力はでます。しばらくはにじんだように見えますが、ほとんどの方は翌日からはっきり見えてきます。
Q4
A4 手術をしてもメガネやコンタクトレンズによる矯正が必要になることもあります。例えば加齢による老視の進行などです。また中には薄いメガネが必要な方もいます。
Q5
A5 どんな手術でも100%安全とはいえません。屈折矯正手術でも、まれに併発症が起こる可能性はありますが、ほとんどの併発症は適切な処置をすることで対処できます。
Q6
A6 仕事にもよりますが、2〜3日後から復帰することは可能です。詳しくは医師にご相談ください。
Q7
A7 個人差はありますが、1週間が過ぎればジョギングなどの軽い運動はできます。ただし激しい運動や埃っぽい場所での運動は1ヶ月は控えてください。
Q8
A8 通常、両眼同時に手術を行っています。
Q9
A19 角膜表面は再生力の高い組織ですので、早い回復が得られます。当院では最新技術を備えたボシュロム社製のエキシマレーザーを導入しています。この機器の大きな特長として、Wavefront guided LASIK があります。これは今までのエキシマレーザーではできなかった不整乱視の矯正が期待できる技術です。また、術中に多少眼が動いてもコンピューターの眼球追尾装置が働き眼球の動きに対応します。この機器を使って眼科専門医が手術を行いますので、安心して治療を受けていただけます。
Q10
A10 翌日は必ず検査をします。その後は定期的に1週間後、2週間後、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後に検診を受けていただきます。
術後1〜2ヶ月はビランが増えたり炎症が強くなることがありますので必ず受診してください。
Q11
A11 乱視の矯正も可能です。遠視の矯正も可能です。
Q12
A12 眼鏡、コンタクトレンズとの選択の相談は保険診療になります。
屈折矯正手術の検査料は1万円。手術料はj従来型PRK、従来型レーシックは片眼15万円、ウェーブフロントレーシックは片眼19万円です。(税別)。
 詳しくは、こちらをご覧ください。
 
HOME top